ずくだしんしゅう

信州、諏訪地方在住の27歳サラリーマン。 趣味はマラソンでサブ3を目標にしています。

今年初の渓流釣り 坊主だと疲労は2倍

2022/7/9 曇り

今年初の渓流釣りへ行ってきました。

会社の後輩と二人で、上小漁協の二つの川を攻めてきました。

上小漁協

結果はいかに・・・

八丁地川

一つ目の川は、八丁地川です。

鹿曲川の支流になります。

少しゆっくりめのスタートで、8時頃入渓しました。

足跡はなく、蜘蛛の巣だらけで先行者どころかしばらく人が入った形跡は全く感じられませんでした。

里川の雰囲気で、穏やかな渓相です。

序盤から水が濁っていました。

上流には採石場やゴルフ場があるので、いつもこんな感じな気もします。

そして渇水気味でした。

魚の影はありましたが、渋かったので長居はせずに次の川へ移動です。

私たちとは別に、一人釣り人を見かけました。

大門川

30分ほど移動して、大門川に入渓です。

入渓ポイント

入渓ポイント

こちらも序盤は里川の雰囲気ですが、徐々に険しくなっていきます。

上流へ行くにつれ川幅が狭くなり水の流れも激しい

水量も豊富です。

先行者の気配もなく、めちゃくちゃ釣れそうな雰囲気でしたが、なかなか釣れず。

2時間ほど釣り上がりましたが、こちらもボウズでした。。

まとめ

蜘蛛の巣まみれになりながら、車まで戻ってきました。

ボウズだと、疲れ方が2倍増しです。

渓流釣りってトップクラスに疲れる趣味だと思いました。

 

めちゃくちゃ魚がいそうな雰囲気でしたが、釣れなかったのは私が下手なのか、魚がいないからなのか。

 

まだまだ修行が必要みたいです。

 

15時頃に解散しましたが、後輩はさらに別の川へ移動して釣りをしたそうです。

釣り好きの体力気力は恐ろしい。。