ずくだしんしゅう

信州、諏訪地方在住の27歳サラリーマン。 趣味はマラソンでサブ3を目標にしています。

【鹿島槍ガーデン】今話題の信州サーモンを釣って食べる

4月中旬、長野県大町市にある鹿島槍ガーデンへ釣りへ行ってきました。

f:id:zukushin:20220418092738j:plain

鹿島槍ガーデン

鹿島槍ガーデン

フィッシングランド鹿島槍ガーデンは管釣りの聖地とも呼ばれる、釣り人には有名な管理釣り場です。

きれいなアルプスの雪解け水を使って養殖されたトラウトは、臭みがなく安心してお刺身でも食することができます。

40~50cmのトラウトがバンバン釣れて、強い引きを楽しむことができます。

1m級のイトウもいるそうです。

詳しくはHPをご確認ください。

kashimayari-garden.com

8時スタート

今回は、会社の仲間と5人での釣行でした。

オープンの7時くらいを目指して諏訪を6時くらいに出発しましたが、意外と遠くて結局釣りを開始したのは8時くらいになってしまいました。

ちなみに最後のコンビニはこちらです。

去年の秋、土曜日に来たときはめちゃくちゃ混んでいて1m間隔くらいで釣りをしましたが、

さすがに今回は平日ということで、そこまでは混んではなく周りに気を使うこともなく釣りを楽しむことができました。

f:id:zukushin:20220418100251j:plain

けっこう空いてる

これでも昔に比べればだいぶ人が増えているらしい。

ど素人でも

今回のメンバー5人中、私を含めた2人は素人でした。

他の三人は、開始直後からどんどん釣りあげていましたが、私はなかなか釣れません。

 

結局午前中は一匹も釣れませんでした。せっかく来たのにボウズはやばいと焦ります。

 

うまい人に教わりながら、だんだんと釣り方を覚えて午後には何とか連れて、そこからはバンバン連れ出しました。

最初に釣れた一匹(ブラウン)

結局10匹は釣れたかな。

午後にはキープもだいぶ増えました

やっぱり釣れないと楽しくないですからね。

砂地のポジションで

空いてたこともあり、流れ込みの活性の良いポジションで釣りをすることができました。

水草の少ない砂地のエリアだったので、ボトムを責めることができてそれが釣果につながりました。

管釣りには管釣りの釣り方(攻略法)があり、それが分れば面白いように釣れるようになります。

 

この日は水温も低く、けっこう苦戦しているお客さんが多かったらしいですが、私たち一同はけっこうな数を釣り上げることができて大満足でした。

お持ち帰り

鹿島槍ガーデンは、入場料金で3キロまでは無料で持ち帰ることができます。

ブラウン、レインボー

私はブラウンとレインボー1匹ずつを持ち帰りました。

合計1.5キロでした。

別料金で、腹出しや三枚におろしてもらうことも可能です。

トラウトは大きくなるほど赤身になり、サーモンのような身になるそうです。

今回持ち帰った個体はそれほど大きくなかったので白身に近かったです。

刺身

塩焼き、ムニエル

刺身と塩焼き、ムニエルにしておいしくいただきました。

淡白な身質なので、ムニエルが一番合っていました。

もう少し大きくなって脂が乗ってくると、お刺身もかなりおいしくいただけると思います。

個人的には脂っぽいお刺身よりも、淡白でさっぱりしたお刺身が好きなので、これくらいがちょうどよかったです。

まとめ

昨今のアウトドアブームで、管釣り場も賑わっていることがよくわかりました。

まだまだ釣り初心者で学ぶことも多いので、毎回の釣行では新しい発見が多くて楽しいです。

次回はさらに大物を釣り上げたいと思います。