ずくだしんしゅう

信州、諏訪地方在住の27歳サラリーマン。 趣味はマラソンでサブ3を目標にしています。

夜勤明けでサクッと霧訪山へ【松本を見下ろす里山】

 夜勤明けで近くの里山、霧訪山へ登山へ行ってきました。

寒波の影響で、夜のうちに少しだけ雪が積もり、気温も低めの朝でした。

夜勤明けでもさくっと登れそうな山ということで、霧訪山を選びましたが

短時間で登れ、絶景が楽しめる素晴らしい山でした。

f:id:zukushin:20210221212249j:plain

霧訪山山頂

霧訪山(きりとうやま)

長野県の辰野町と塩尻にまたがる標高1305mの山です。

辰野町の両小野地区というのどかな集落にそびえる山で、地元の方に大切にされているといった印象の山でした。

いくつか登山ルートはありますが、1~2時間程度で山頂に立つことができ、山頂からは360度の大展望が広がっています。

『日本のへそ』と呼ばれる日本の中心地にあるため、天気が良ければ信州を代表する山々を眺めることができます。

駐車場・アクセス

今回は、最短ルートである『かつとりコース』を歩きました。

案内板の中央のコースになります。

f:id:zukushin:20210215204741j:plain

霧訪山案内

登山口のすぐ近くに10台ほど無料で停められる駐車場があります。

f:id:zukushin:20210215204937j:plain

霧訪山駐車場

登山口の駐車場までの道のりはやや狭い道もありました。

登山口近くまで行くと案内板があったので、始めていくときはありがたかったです。

f:id:zukushin:20210221212737j:plain

登山口駐車場付近

f:id:zukushin:20210215204642j:plain

霧訪山登山口駐車場

霧訪山登山口

 登山口には大きな案内版が出ています。

f:id:zukushin:20210215204434j:plain

霧訪山登山口

すぐ脇に登山ポストも設置してありました。

登り始めの気温はけっこう低めでマイナス7度ほどでした。

登り始めは急な階段

登り始めてすぐに階段を上ります。

けっこう急な階段がしばらく続きます。

f:id:zukushin:20210221213105j:plain

いきなり階段

f:id:zukushin:20210221213321j:plain

階段

スタート直後のこの階段は、息が切れてしんどかったです。

案内板が多くとても親切

100mおきに山頂までの距離表示があります。

ちなみに登山口から山頂までは1500mだそうです。

f:id:zukushin:20210221213419j:plain

登山道

 他にも山頂まで様々な案内板があり、とてもありがたかったです。

f:id:zukushin:20210221213815j:plain

登山道

f:id:zukushin:20210221213926j:plain

案内板

また、きのこの山でもあるため厳重に管理されている印象の山でした。

f:id:zukushin:20210221213848j:plain

登山道

 新雪の林を歩く

夜のうちに数センチ雪が積もったので、新雪の中の山歩きとなりました。

私は8時頃スタートしましたが、すでに足跡もありました。

f:id:zukushin:20210222022137j:plain

新雪の登山道

途中何か所かベンチが設置されており、休憩しながら登ることができます。

f:id:zukushin:20210222022443j:plain

登山道わきにあるベンチ

f:id:zukushin:20210222022512j:plain

景色のいい休憩ポイント

分かれ道

分かれ道のポイントにたどり着きました。

どちらに進んでも山頂に行けますが、今回は最短ルートで向かいます。

f:id:zukushin:20210222022809j:plain

分かれ道

分かれ道を過ぎて少し行くと、避難小屋がありました。

ここにもベンチがあるので、休憩もすることができます。

f:id:zukushin:20210222023041j:plain

避難小屋とベンチ

f:id:zukushin:20210222023108j:plain

避難小屋は雨風をしのげる

f:id:zukushin:20210222023139j:plain

避難小屋内部

急登と崖

避難小屋を過ぎると、傾斜がかなりきつい場所も出てきます。

夏ならなんなく登れると思いますが、雪があるとけっこう滑ります。

軽アイゼンを装着して突破しました。

f:id:zukushin:20210222025944j:plain

登山道 あと700m

また、登山道の両脇は崖となっているので、ロープより外側にはそれないように気を付けて歩きました。

f:id:zukushin:20210222030113j:plain

登山道 あと500m

f:id:zukushin:20210222030158j:plain

登山道 両側は崖

山頂が近づいてきて、最後のベンチのある場所は展望も開けていました。

f:id:zukushin:20210222030241j:plain

最後のベンチ

最後の登り

最後のベンチを過ぎると山頂はもう間近です。

山頂直下もけっこうな急登なので、滑らないように気を付けて登ります。

f:id:zukushin:20210222030739j:plain

登山道 あと200m

f:id:zukushin:20210222030847j:plain

山頂まであと200m あと10分

f:id:zukushin:20210222030941j:plain

登山道 けっこう急です

f:id:zukushin:20210222031218j:plain

登山道 あと100m

霧訪山の山頂へ

登り始めて1時間ほどで山頂へ到着しました。

f:id:zukushin:20210222031350j:plain

霧訪山山頂

快晴の予報だったのですが、私が山頂に立った時は雲が多めでした。

この日は午後のほうが天気が良かったようです。

全体的に雲多めですが、それでも素晴らしい景色を眺めることができました。

山頂の気温はマイナス10度くらいだったと思います。陽が出ていて風も少なかったので、それほど寒くは感じませんでした。

f:id:zukushin:20210222031835j:plain

松本、北アルプス方面

f:id:zukushin:20210222031905j:plain

辰野、小野地区を見下ろす 

f:id:zukushin:20210222031941j:plain

鉢伏山、美ヶ原高原

f:id:zukushin:20210222032058j:plain

鷲ヶ峰、霧ヶ峰

f:id:zukushin:20210222032131j:plain

諏訪湖

f:id:zukushin:20210222032206j:plain

松本空港

霧訪の鐘と神社

山頂には、霧訪の鐘というものがあります。

恋人と鳴らすと、結ばれるとか。

f:id:zukushin:20210222032621j:plain

霧訪の鐘

小野神社もありました。

f:id:zukushin:20210222032702j:plain

小野神社 境外社

まとめ

最短ルートだと1時間ほどで山頂に立つことができ、素晴らしい景色を楽しむことができる山でした。低山なので冬でも登ることができるのもいいですね。

今回は雲が多めでそれほど展望はよくありませんでしたが、晴れていれば南アルプスや八ヶ岳もきれいにみることができるそうです。

また機会があれば、違うルートでも歩いてみたいと思いました。

山頂からは松本空港が見えるので、飛行機の離着陸なども見てみたいものです。